かぶりが浅い「股関節臼蓋形成不全」とは?原因や特徴について

 

 

  • ・股関節が痛くてレントゲンを取ると「かぶりが浅い」いわれた。
  • ・臼蓋形成不全ってどんな症状?
  • ・臼蓋形成不全は治る?

 

 

しらひげ
こんにちは、しらひげです。

 

 

 

イスから立ち上がる時に「ピキッ」と股関節が痛くて、レントゲンを取ると「股関節のかぶりが浅い」と言われた。

 

 

若い年代の股関節痛の原因となる「臼蓋形成不全」とは一体どのようなものなのか、施術業界24年の私が分かりやすく解説しますので、ぜひ、最後まで読んで下さい。

 

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

▶︎人気記事:股関節に負担のかからない「靴の選び方」

 

 

股関節臼蓋形成不全の症状

股関節臼蓋形成不全の症状

 

 

しらひげ
股関節臼蓋形成不全では次のような症状が出ます。

 

 

 

  • ・脚の付け根が痛い。
  • ・動きはじめに股関節が痛い。
  • ・歩いているとだんだんと股関節がだるくなる。
  • ・長く歩くとお尻や太ももがだるくなる。
  • ・車から降りるなど横に開くのが痛い。
  • ・歩くときに体が左右に揺れる

 

 

 

しらひげ
他にも次のような特徴があります。

 

 

 

  • ・女性に多い
  • ・可動域が狭い(開きに左右差がある)
  • ・産後に股関節に痛みがあった
  • ・初期は無症状
  • ・歩幅が狭い
  • ・外反母趾がある
  • ・背骨のゆがみがある
  • ・顎関節症がある

 

 

特徴に関しては必ずではないが一緒に持ち合わせていることがある。

 

 

股関節臼蓋形成不全の原因

股関節臼蓋形成不全の原因

 

 

股関節臼蓋形成不全の原因は、これと言った特定のものがある訳ではなく、「産まれつき」「発育不全」などさまざまです。

 

 

ここでは「発育不全」を少しひもといて整体師目線で原因を考察していきます。

 

 

股関節の発育に影響を与えるものとして次のようなものが考えられます。

 

 

  • ・つかまり立ちや立つのが早かった。
  • ・ハイハイが少なかった。
  • ・オムツ交換で脚を繰り返し強く引っ張られた。
  • ・出産時に股関節が日かかり強く引っ張られた。
  • ・転落などで強く打った。

 

 

上記のような原因により、骨盤の臼蓋部分が刺激されずにうまく形成されないことが原因になると考えられます。

 

 

 

あかり
骨は刺激されると発育するの?

 

 

しらひげ
そうだよ。例えば、「骨粗症にはかかと落としがいい」というのも骨に刺激を与えているよね。

 

 

 

上記の原因となるものはどれも幼少期なので、自分では気を付けることが出来ず防げないのも特徴です。

 

 

股関節臼蓋形成不全の好発年齢

股関節臼蓋形成不全の好発年齢

 

 

臼蓋形成不全を作るのは幼少期ですが無症状で過ごすことが多く、痛みなどの症状が現れるのは30〜40代に多い。

 

 

股関節臼蓋形成不全の対処方法

股関節臼蓋形成不全の対処方法

 

 

ここでは股関節臼蓋形成不全の症状を少しでも軽減するためにしてほしいことについてお話ししていきます。

 

 

さっそく、見ていきましょう。

 

 

座り方

 

座るときは「坐骨」で座るようにしましょう。

 

 

しらひげ
坐骨とは座ったときにお尻の下に触れる骨です。

 

 

 

坐骨で座る

 

 

 

仙骨で座る

 

 

デスクワークの方に多い、背中が曲がった座り方は「仙骨座り」と言って、腰や骨盤にものすごく負担をかけます。

 

 

腰や骨盤に負担がかかることで、股関節に影響を及ぼし痛みを起こす原因になります。

 

 

なので、臼蓋形成不全で症状を少しでも緩和するなら座り方に気をつけましょう。

 

 

▶︎参考記事:腰に負担をかけない座り方

 

 

靴選び

 

股関節に負担をかけないためには、ウォーキングシューズを選びましょう。

 

 

ウォーキングシューズはクッション性に優れていて、歩行時の衝撃を緩和してくれます。

 

 

あかり
ウォーキングシューズって、「ごつごつ」してて履きにくいよ。

 

 

また、ウォーキングシューズは作りがしっかりとしているので、歩くときの体のブレなどを防いでくれます。

 

 

なので、股関節臼蓋形成不全の症状を少しでも緩和するならウォーキングシューズを選びましょう。

 

 

▶︎関連記事:股関節に負担のかからない靴の選び方

 

 

体を動かす

 

股関節の症状を少しでも緩和するために、体を動かしましょう。

 

 

体を動かすときは「関節」を意識してみましょう。

 

 

具体的には、ウォーキングやラジオ体操です。

 

 

下記でも解説しますが、ストレッチなど筋肉を伸ばす動きは症状を悪化させることがあるので気をつけましょう。

 

 

▶︎関連記事:股関節痛を軽減|自宅で簡単にできる運動3選

 

 

股関節臼蓋形成不全でやってはいけないこと

股関節臼蓋形成不全でやってはいけないこと

 

 

臼蓋形成不全でやっていけないことは次の2点です。

 

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

無理に可動域を広げる

 

上記で解説したように、臼蓋形成不全の特徴で「股関節の可動域が狭い」があります。

 

 

すると、「ストレッチ」「ヨガ」で可動域を無理に広げようとして、症状を悪化させてしまうことがあります。

 

 

なので、臼蓋形成不全を改善しようとして、無理に可動域を広げないようにしましょう。

 

 

▶︎参考記事:股関節のストレッチをするときの注意点とデメリットについて

 

 

必要以上の安静

 

臼蓋形成不全では動きはじめに「ピキッ」と強い痛みを感じることがあります。

 

 

すると、痛みを避けようと動く量が減ったり、必要以上に安静にしてしまいます。

 

 

すると、体を動かさないことで体が硬くなり、さらに股関節に負担がかかる悪循環になってしまいます。

 

 

なので、痛みはあっても必要以上に安静にしないようにしましょう。

 

 

股関節臼蓋形成不全について(まとめ)

股関節臼蓋形成不全の原因

 

 

いかがでしたか?

 

 

股関節臼蓋形成不全は女性に多く、股関節の開きに左右差が出る特徴があります。

 

 

症状としては、脚の付け根が痛い、動きはじめに股関節が痛い、歩いているとだんだんと股関節がだるくなるなどが出ます。

 

 

対処法としては正く座流、ウォーキングシューズを履く、関節を動かすことを気を付ける。

 

 

体を動かすときに、筋肉を伸ばすようなストレッチは症状を悪化させる原因になるので注意しないといけない。

 

 

股関節臼蓋形成不全でお悩みの方の参考になれば嬉しいです。