【足の付け根】外側の痛みの原因と対処法

  • お尻から太ももの外側が痛い。
  • 太ももの外側が痛くなる原因は?
  • 足の付け根が痛くて歩くのがツラい。

 

しらひげ先生
こんにちは、しらひげです。この業界で22年施術に携わっています。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

脚の付け根の外側が痛くなる原因は次の通り。

 

●脚の付け根の外側が痛くなる原因

  • 変形性股関節症
  • 股関節臼蓋形成不全
  • 側わん

 

股関節症で太ももの外側の痛みについて知りたい、太ももの外側が痛くて筋肉をほぐしても改善しないなどで、お悩みの方が、症状を理解しセルフケアできるように、分かりやすく解説しますので、ぜひ、最後まで読んでください。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\人気記事/

 

足の付け根の外側が痛くなる原因

足の付け根の外側が痛くなる原因

 

足の付け根に症状を起こす代表的なものは次の通り。

 

●足の付け根に症状を起こすもの

  • 股関節症
  • 変形性股関節症
  • 股関節臼蓋形成不全
  • 先天性股関節脱臼
  • 側わん

 

この中でも特に次の2つは、「太ももの外側」に痛みを起こしやすい。

 

●太ももの外側に痛みを起こすもの

  • 変形性股関節症
  • 股関節臼蓋形成不全
  • 側わん

 

上記の2点が、太ももの外側に痛みを起こしやすい理由は次の通り。

 

どちらも股関節を動かした時に、股関節が外に開くレールができやすいから。

 

例えば、立った状態で膝が90°になるぐらいまで、足上げをします。

 

その時に太ももが真っ直ぐに上がらずに、膝先が外に開くような動きをします。

 

この状態で歩くと外体重になり、太ももの外側に負担がかかり痛みを起こします。

 

足の付け根の外側に痛みが出る人の特徴

足の付け根の外側に痛みが出る人の特徴

 

足の付け根の外側に痛みが出る人は次のような特徴があります。

 

●足の付け根の外側に痛みが出る人の特徴

  • 足先が外を向いている
  • 靴の外側が減りやすい
  • 足の小指側にタコがある
  • 足を開いて座る
  • 腰を反るのが苦手(腰骨の変形)
  • 歩行時に体を揺らす歩き方をす

 

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

足先が外を向いている

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、足先が外を向いています。

 

それは、股関節のところで、太ももの骨が外向きに捻れている状態です。

 

股関節のところで、太ももの骨が外向きに、捻れている原因は骨盤が後傾しています。

 

足を開いて座る習慣があると、骨盤が後傾して安くなります。

 

太ももの外側が痛い◀︎股関節が外に捻れている◀︎骨盤が後傾◀︎猫背、足を開いて座る

 

靴の外側が減りやすい

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、靴の外側が減りやすいです。

 

理由は、上記で解説したように脚が外を向いて、外体重になるからです。

 

足の外側に体重がかかると、靴の外側が減ります。

 

足の小指側にタコがある

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、足の小指側にタコや魚の目ができやすい。

 

足裏にタコや魚の目皮膚が固くなっているところは、繰り返し体重がかかるから。

 

太ももの外側が痛くなる人は、外側体重なので足の小指側にタコや魚の目があることが多い。

 

また、ハイヒールを履く習慣の人は、中指の下あたりにタコや魚の目が出来やすいなど、足裏の皮ふの固さは、体重バランスを、確認する一つの目安になります。

 

足を開いて座る

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、足を開いて座ります。

 

座る時に、脚を開いて座る習慣があると、股関節が外に捻れた状態になります。

 

座り方によっては、片足だけ開いている人もいます。

 

脚が開いた状態が、習慣化すると、脚が開いた状態で歩くので、外体重になり太ももの外側が痛くなりやすいです。

 

このタイプは、車の運転する、乗り物を運転する(ペダルを踏む)、デスクワークで足元が狭く脚を開いて座るなどの人が多いです。

 

腰を反るのが苦手(腰骨の変形)

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、腰を反るのが苦手です。

 

これは、上記で説明した、骨盤が後傾しているタイプの人です。

 

具体的には、つま先をそろえて、手を胸の前でクロスして後ろに反り返ります。

 

この時に、上手く反り返りが出来ない人は、腰骨の柔軟性が低下しています。

 

繰り返しになりますが、身体の造りからすると、股関節は外に捻れた状態になるので、外側体重になり、太ももの外側が痛くなります。

 

歩行時に体を揺らす歩き方をする

 

股関節痛で太ももの外側に痛みが出る人は、歩行時に体を揺らす歩き方をします。

 

歩行時に上手くバランスが取れないと、体を揺らす歩き方になります。

 

特に、左右に体を揺らす歩き方は、太ももの外側の筋肉を使うので、痛みを感じやすくなります。

 

足の付け根の外側に痛みが出た時の対処法

足の付け根の外側に痛みが出た時の対処法

 

足の付け根の外側が痛くなった時の対処法は次の通り。

 

●足の付け根の外側が痛くなった時の対処法

  • 股関節、腰の柔軟性を回復させる
  • 靴を変える
  • 座り方の変える

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

股関節、腰の柔軟性を回復させる

 

太ももの外側に痛みが出た時の対処法の一つ目は、股関節、腰の柔軟性を回復させることです。

 

理由は、日常生活のクセや運動不足などにより、関節の柔軟性がなくなり、股関節や腰が上手く動いていないからです。

 

具体的には、動きのある中で、動かすストレッチをします。

 

詳しいストレッチのやり方は、下記の記事をご覧ください。

 

▶︎関連記事:股関節のストレッチを解説

▶︎関連記事:「背骨をしなやか」にする運動

 

靴を変える

 

太ももの外側に痛みが出た時の対処法のニつ目は、靴を変えるです。

 

上記で、説明したように、股関節痛で太ももの外側に痛みが出ている人は、外体重になっていて、靴の小指側がすり減っています。

 

すり減った靴を履いていると、さらに小指側体重になり、太ももの痛みを助長するので、靴がすり減っているなら、靴を変えましょう。

 

また、長年、同じ靴を履いているなら、クッション性が消耗しているので、見た目がキレイでも買い替える方がいいでしょう。

 

▶︎関連記事:疲れない靴の選び方

▶︎関連記事:股関節痛を改善するのにインソールは必要?

 

座り方の変える

 

太ももの外側に痛みが出た時の対処法の三つ目は、座り方を変えるです。

 

太ももの外側に痛みが出る人は、脚を開いて座っています。

 

なので、腰を伸ばした、いわゆる正しい姿勢で座ることが大切です。

 

正しい座り方については、今すぐ出来る骨盤に負担をかけない正しい座り方の記事をご覧ください。

 

足の付け根の外側が痛くなる原因と対処法(まとめ)

股関節痛 脚の外側の痛み

 

今回は、足の付け根の外側が痛くなる原因と対処法について、解説しました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

●足の付け根の外側に痛みを起こすもの

  • 変形性股関節症
  • 股関節臼蓋形成不全

●足の付け根の外側に痛みが出る人の特徴

  • 足先が外を向いている
  • 靴の外側が減りやすい
  • 足の小指側にタコがある
  • 足を開いて座る
  • 腰を反るのが苦手(腰骨の変形)
  • 歩行時に体を揺らす歩き方をする
●足の付け根の外側が痛くなった時の対処法
  • 股関節、腰の柔軟性を回復させる
  • 靴を変える
  • 座り方の変える