【デスクワークで坐骨神経痛】長く座ると脚が「しびれる」原因と対処法

  • デスクワークで座っていると脚がビリビリとしびれてくる。
  • 脚にしびれるが出る原因は?
  • 脚が痺れる時はどんな座り方をしたらいいのだろう?

 

今回はこんなお悩みを解決していきます。

 

しらひげ先生
こんにちは、しらひげです。この業界で20年ほど施術に携わっています。

 

長時間、座っていて足にしびれが出るのはいわゆる「坐骨神経痛」です。

 

●座っていて脚にしびれが出る3つの原因
  • お尻で神経を圧迫している
  • 腰骨の「ねじれ」や「傾き」で周辺の神経が刺激されている
  • 腰の椎間板ヘルニア

が原因として考えられます。

どの原因も正しく座れていないことで、神経を刺激してしびれを起こします。

なので、対処法は「環境に応じて正しく座る」ことが大切になります。

 

デスクワークで起きる坐骨神経痛の原因を知ることで、座り方の意識が変わりデスクワークでの坐骨神経痛を対処することができます。

 

簡単にできる「座り方のコツ」も紹介しますので、ぜひ、最後まで読んで下さい。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\人気記事/

 

長く座ると脚がビリビリと「しびれる」原因は?

長く座ると足がしびれる原因

 

長く座っていると脚がしびれてくる原因は次の通り。

 

●長く座っていると脚がしびれてくる原因

  • お尻で神経を圧迫している
  • 腰骨のねじれや傾きで周辺の神経が刺激されている
  • 腰の椎間板ヘルニア

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

お尻で神経を圧迫している

 

お尻の筋肉が硬くなり、神経を圧迫すると脚にしびれが現れます。

 

具体的には、座っている時に左右どちらかのお尻に体重が載っていたり椅子が硬かったり脚を組むなど不良姿勢をすることで、お尻の筋肉が硬くなります。

 

すると、神経を圧迫し脚にしびれが現れます。

 

腰骨のねじれや傾きで周辺の神経が刺激されている

 

腰骨のねじれや傾きが起きると、脚にしびれが現れます。

 

理由は、脚に伸びる神経は、腰からはじまっています。

 

この場合も、脚を組んでいたり、猫背でパソコン作業をしたりする、不良姿勢により、腰骨にねじれや傾きが起こり、周辺神経を刺激し、脚にしびれが起こります。

 

しらひげ先生
この場合、腰に痛みは、ほとんど感じないよ。

 

腰の椎間板ヘルニア

 

腰の椎間板が飛び出て、神経を刺激すると、脚のしびれが現れます。

 

具体的には、腰で支える座り方をしていると、力が一点に集中しヘルニアを起こします。

 

仙骨で座る

 

坐骨神経痛でも、腰の椎間板ヘルニアでも、同じように脚のしびれが起こります。

 

▶︎関連記事:坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアの違いは?

 

長く座ると脚がビリビリと「しびれる」ときの対処法

長く座ると脚がしびれる 対処法

 

長く座っていて、脚がビリビリする「しびれ」を改善するには、正しく座ることが大切です。

 

正しく座るコツは、次の4つです。

 

●正しく座るコツ

  • 骨盤を立てる
  • 胸を張ってアゴを引く
  • 肩甲骨を寄せる
  • 左右均等に体重を乗せる

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

骨盤を立てる

 

脚のしびれの原因となる、腰骨の「ねじれ」や「傾き」を、作らないためには、骨盤を立てましょう。

 

骨盤を立てるには、「坐骨で座る」ようにしましょう。

 

坐骨は座った時に、左右のお尻の下にさわれる骨です。

 

骨盤を立てて座るには、坐骨で座るようにしましょう。

 

坐骨で座る

 

胸を張って、アゴを引く

 

正しく座るには、胸を張って、アゴを引いて座りましょう。

 

胸を張ってアゴを引くことで、「背骨のS字のカーブ」を、作ることができます。

 

骨盤が立って、背骨のS字のカーブがある姿勢は、座っているときの理想の姿勢です。

 

肩甲骨を寄せる

 

肩甲骨を寄せることで、胸が張りやすくなります。

 

デスクワークで座っている時に、猫背になるクセがある人は、肩甲骨を寄せるのを、意識するといいでしょう。

 

左右均等に体重を乗せる

 

座るときは、左右のお尻に均等に、体重を乗せましょう。

 

例えば、パソコンが正面でなかったり、肘掛けに肘を置く癖があったりすると、お尻に均等に体重は乗っていません。

 

偏って座ることで、バランスを取るために、背骨は捻れや傾きを作ります。

 

なので、正しく座るには、左右のお尻に、均等に体重を、乗せるようにしましょう。

 

▶︎関連記事:股関節に負担をかけない座り方

 

長く座ると「しびれる」ときにやってはいけない座り方

脚のしびれ やってはいけない座り方

 

しびれを起こさないためには、次のことに注意しましょう。

 

●しびれを起こさないための注意点

  • 床座り
  • 横すわり
  • 乗り物

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

床座り

 

床に座ると、骨盤が後ろに倒れ、腰が丸く曲がった、猫背の状態になります。

 

この状態が、習慣化すると猫背姿勢になり、坐骨神経痛の原因になるので気をつけましょう。

 

腰を悪くする座り方 立膝

 

横座り

 

横座りをすると、身体が捻れます。

 

すると、腰骨のねじれや傾きを作る原因になります。

 

なので、しびれを起こさないためには、日頃から横座りをしないように、気をつけましょう。

 

【腰を悪くする座り方 横すわり

 

乗り物

 

脚のしびれを起こさないようにするには、乗り物にも気をつけましょう。

 

理由は、振動で骨盤がグラグラになるからです。

 

具体的には、車、バイク、自転車などの乗り物は、細かい振動で骨盤が揺らされ、ぐらぐらになります。

 

例えば、バイクや自転車など、日常で使っていると、いつの間にか、ネジが緩んで、しまうことがあります。

 

骨盤も長期間、繰り返し、乗り物に載っていると、振動で骨盤が緩んでグラグラになり、骨盤が不安定になります。

 

すると、脚のしびれを起こす原因となります。

 

なので、脚のしびれを起こさないようにするには、乗り物に気をつけましょう。

 

▶︎関連記事:坐骨神経痛を改善するのに自転車運動は効果あり?

 

長く座ると脚がビリビリと「しびれる」ときは靴にも注意

脚のしびれ 靴

 

長く座ると、ビリビリとしびれがある時は、靴にも注意しましょう。

 

理由は、歩き方に、身体の歪みやクセが現れるからです。

 

ほとんど人は日常生活で、何かしら脚を使って、動きます。

 

なので、「靴に問題がある」と、身体の歪みやクセを助長するので、注意しましょう。

 

靴を見るときのポイントは、次の3つです。

 

●靴を見るときのポイント

  • 靴底はすり減っている
  • 靴底が硬い
  • 靴がヨレヨレ

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

靴底がすり減っている

 

靴は消耗品です。

 

見た目はキレイでも、靴底がすり減っているものは、買い換えるか、修理に出しましょう。

 

すり減った靴を履いているだけで、身体に歪みができます。

 

その状態で長時間、歩いたり日常を過ごすことで、身体はさらなるゆがみを、作っていきます。

 

なので、靴底がすり減っているなら、買い替えましょう。

 

靴底のすり減り

 

靴底が硬い

 

いわゆるビジネスシューズです。

 

靴底が硬いと、クッション性が弱いので、身体への負担が大きくなります。

 

すると、「足首、膝、股関節」に痛みを起こしやすくなります。

 

その痛みをかばって、「ゆがみ」を作ります。

 

なので、靴底が硬い場合は、注意しましょう。

 

 

しらひげ先生
もし、仕事で指定の靴があるなら、クッション性のある「インソール」を入れるだけでも、予防はできます。

 

▶︎関連記事:股関節痛を改善するのにインソールは必要?

 

靴がヨレヨレ

 

長年、履いている靴は履き慣れていて、履きやすかも知れませんが、ヨレヨレになっている靴は、買い換えましょう。

 

理由は、ヨレヨレの靴は、歩く時に、歩行が不安定になるからです。

 

具体的には、「かかと部分」が、破れたり、踏んで折れていると歩行時に、身体のブレが起こり、歪みやクセを助長します。

 

なので、「かかと」のところが、破れたり、踏んで折れているような場合は、買い換えるようにしましょう。

 

▶︎関連記事:疲れない靴の選び方

 

長く座ると脚がビリビリと「しびれる」原因は?(まとめ)

 

今回は、「デスクワークで坐骨神経痛」長く座ると、脚がビリビリと「しびれる」ときの対処法について、解説してきました。

 

しらひげ先生
本日記事の要約だよ。

 

●長く座ると脚がビリビリと「しびれる」原因は?

  • お尻で神経を圧迫している
  • 腰骨のねじれや傾きで周辺の神経が刺激されている
  • 腰の椎間板ヘルニア

●長く座ると脚がビリビリと「しびれる」ときの対処法

  • 骨盤を立てる
  • 胸を張ってアゴを引く
  • 肩甲骨を寄せる
  • 左右均等に体重を乗せる

●ビリビリと「しびれる」ときにやってはいけない座り方

  • 床座り
  • 横すわり
  • 乗り物

●長く座ると脚がビリビリと「しびれる」ときは靴にも注意

  • 靴底はすり減っている
  • 靴底が硬い
  • 靴がヨレヨレ