ひざ痛

膝痛専門整体

 

なぜ、こんなに多くの方に
支持を得ているのか?

 

当院には病院や整骨院に通っても症状が良くならなかった患者さまが多くご来院されます。

その様な悩みを抱えた患者さまの症状を根本から改善することにより多沢山の患者さまにご満足いただいております。

患者さんの口コミ

 

こんなお悩み
\ありませんか?/

  • レントゲン検査をしたら「軟骨がすり減っている」と言われた。
  • ヒアルロン酸の注射をしても効果がない。
  • 膝が痛くて階段の上り下りがツラい。
  • 痛み止めを飲んでもあまり効果を感じない。
  • 整形外科・整骨院・鍼灸院にっても一向に良くならない
  • 病院では「手術するしかない」と言われたが手術はしたくない。

そのお悩みお任せ下さい‼︎

 

当院では各症状を局所だけでなく-として捉えて診ていきます

 

院長は全国の治療家の
\技術指導をしております/

セミナー風景

 

\もう注射やお薬に頼りたくない方へ/

1日1名限定

 

なぜ、他ではようならない?

ひざが痛くて電気やマッサージをしたり、注射やお薬をしてもどうして良くならないのか?

その理由について詳しく見ていきましょう。

*詳しく見るには(+)を押してください。

他では良くならない理由
ひざが痛くて電気やマッサージをしたり注射お薬サプリを飲んでも症状は一時的にしか改善できません。

なぜなら、根本原因にアプローチしていないからです。

具体的にはひざは腰、骨盤、股関節、足首と連動して動くのですが、この連動した動きが上手く動かないと結果、ひざに負担がかかり症状を起こします。

例えば、日常で横座りをすることが多いとします。

すると、腰、骨盤、股関節でゆがみを生じます。

この状態で日常生活を過ごすことで、ひざにしわ寄せがきて負担がかかり症状を起こす原因になります。

また足首のねんざ、ハイヒール、足に合わない靴で生活すると、歩行バランスが乱れ膝に負担がかかり症状を起こします。

他にもデスクワークや運動不足でひざ関節を支える筋肉やじん帯が弱わることで、膝に負担がかかり症状を起こします。

この場合、マッサージなどで筋肉を弛めるよりも動かしてじん帯や筋肉丈夫にしていかなければいけません。

このようなことから膝のトラブルを解決していくには、膝だけに目をむけるのではなく、身体全体を診て根本原因を改善していくことが大切です。

 

こんなことがひざ痛の回復力を妨げている

膝の痛みを回復させようとやっていることが、実は回復力を妨げていることがあります。

詳しく見ていきましょう。

*詳しく見るには(+)を押してください。

プール運動でよくならない?
ひざ関節症を改善するのに、水中ウォーキングおすすめしません。

なぜならプールの中では膝に負荷がかからない」からです。

具体的には、日常生活は陸地に立って生活をし重力に引っ張られながら生活をしています。

なので、陸地に立って重力に引っ張られながら動ける身体にならないといけません。

確かに水の中では、重力から解放され膝関節に負担をかけずに動かすことが出来きますが、結局は水の中で動ける身体です。

つまりプール運動や水中ウオーキングをすることによって、水の中で動ける体にはなりますが、重力のある日常生活で使える体かというとまた別になります。

水中ウォーキングが有効なのは骨折や手術後のリハビリの初期で、関節に負荷をかけてはいけない時と考えています。

また無重力空間に長時間滞在した、宇宙飛行士や水の中を浮いている水泳選手は骨量が少ないと言われています。

安静しても良くならない?
安静は症状を感じにくくできますが、膝痛改善からはかけ離れていきます。

なぜなら、安静にすることで、じん帯、筋肉、身体を支える機能など、いろいろなものが弱るから。

例えば、新しい自転車を買って使わず倉庫に放置したとします。

数年してから倉庫から取り出して乗るとどうでしょうか?

チェーンや車輪はサビて、タイヤのゴムは劣化して、ブレーキも効きが悪くなっていないでしょうか?

それよりも、毎日、適度に乗っている方が自転車としては長持ちしないでしょうか?

つまり、痛いからと言って動かさないと、それも症状を悪化する原因になるということです。

もちろん、炎症が強いときなど安静が必要なときもあります。

しかし、日常生活など、ごく普通の生活まで、制限する必要はありません。

痛いからといって、自転車、バス、車など、歩かない生活にならないように気をつけましょう。

筋トレで良くならない理由(1)
膝痛を改善するのに、「脚の筋肉不足だから筋肉を付けなさい」と、言われることがあります。

上記にあるように、ひざ関節を支える筋肉やじん帯が弱わって」いることで、ひざ関節に負担がかかって、症状が起きているのならば、脚の筋肉トレーニングをすることは大切です。

しかし、正しいトレーニングをすることが重要です。

たとえば、ボディビルダーは、筋肉ムキムキで、とてもいい身体ですよね。

しかし、相撲や柔道をすれば、強いのかといえば、そうではありません。

ボディビルダーは、筋肉の付き方やバランスを魅せる競技です。

なので、相撲や柔道をするのとは、違う筋肉です。

もし、歩行、階段の上がり下り、椅子から立ち上がり時に、膝がいたいのであれば、それぞれの動きに必要な筋肉やトレーニングする必要があります。

3カ月も4カ月もトレーニング続けて、症状が改善しないのであれば、トレーニングの仕方が間違っているのかもしれません。

筋トレで良くならない理由(2)
脚の筋肉を付ける代表的な運動として、「エアロバイク」、「ステップ踏み」などがあります。

膝に症状がある方は、歩くのがツラく歩かずに出来る運動方法として、これらの運動器具を使われることがあります。

しかし、エアロバイクは、座っての運動です。

もし、歩行時に膝痛があるなら、筋肉と同時に膝の身体を支える機能」も鍛えないといけません。

エアロバイクは、座っての運動なので太ももの筋肉は鍛えられても、身体を支える機能は強くできません。

ステップ踏みは、立って脚に体重を乗せて、動かす運動なので、筋肉や膝の身体を支える機能を鍛えることはできます。

しかし、歩行するには前に進まなければいけません。

つまり、片足に体重を乗せて、さらにバランスを取らないといけません。

ステップ踏みでは、前に進みながらバランスを取る機能が鍛えられません。

このような理由から、エアロバイクやステップ踏みなどの、運動器具が悪い訳ではありませんが、膝関節の症状を改善していく中では、今しばらくは控えておくべきです。

シップ・カイロをしても良くならない?
軟骨がすり減る原因の一つに「熱」があります。

例えば、骨盤や股関節にゆがみを生じた状態で動くと、膝の関節のレールは少しズレたような状態で動かすことになります。

すると「摩擦熱」が生じます。この摩擦熱が強くなると、ひざが熱っぽい」「腫れる」「水が溜まる」

などの状態になります。

また、骨や軟骨はタンパク質でできています。

なので繰り返し「熱をもつ」ことで、変形を作りやすい状態になります。

このような状態に加えてホッカイロを当てていると、熱を助長してしまいす。

確かにカイロを貼ることで、周辺の筋肉が緩んだり痛みを感じるセンサーが鈍くなるので、症状の緩和を感じられると思います。

しかし痛みが軽減されるのは一時的で、ホッカイロの温め効果が切れてくる」と痛みが戻ってしまいます。

実際にカイロを長く貼り続けていて、手放せなくなっている方もいるのではないでしょうか?

つまり、ほっカイロは一時的に症状を緩和してくれるが、温め効果が切れると戻ってしまいます。

またシップは鎮痛の薬効成分を皮ふから浸透させて、痛みを感じにくくしているので、根本改善しているわけではありません。

サポターはしな方がいい?
サポーターやテーピングをするなら、期間を決めてするようにしましょう。

理由はサポーターやテーピングをすることで、膝の動きが制限されるからです。

サポーターやテーピングの本来の目的は、骨折して骨がくっつこうとしているとき手術後の患部を動かしてはいけないときに装着するもので、ひざの症状を改善するものではありません。

確かにサポーターやテーピングをすると膝が安定し動きやすくはなりますが、上記にあるように動かさないデメリットもあります。

なのでサポーターやテーピングを着けないで、動ける体にしていくことが大切です。

膝の水を抜くとクセになる?
膝関節には関節を包んでいる袋(関節包)というものがあって、その中には関節滑液と言うものが存在しています。

これは潤滑油のようなもので、関節をスムーズに動かす役割をしています。

つまり誰にでも膝に水は存在しています。

そして膝に炎症が起こると体はこの炎症を止めようとして、過剰に分泌され膝がパンパンに張れて水が溜まった状態になります。

なので水を抜くことが悪いのではなく、水を抜くと同時に膝に炎症が起こる原因を改善しなければ、いくら抜いてもまた水は溜まってきます。

電気・マッサージをしても良くならない?
電気やマッサージは症状にアプローチしているのであって、根本原因にアプローチしているわけではありません。

また「気持ちがいい=治る」でもありません。

例えば、歩くときに外側に体重がかかって、脚の外側の筋肉が張るとします。

張っている筋肉を電気やマッサージでほぐすと一時的には楽になるでしょう。

しかし歩くとまた外側に体重がかかって筋肉が張ってきますよね。

また繰り返し電気やマッサージを受けていると、体が刺激に慣れて徐々に強い刺激を求めて過剰刺激になりがちです。

刺激が強くなれば筋肉は防御反応で筋肉は硬くなりその時は気持ちいいけど、筋肉は硬くなるというように悪循環にハマってしまいます。

また、「筋肉を緩めてゆるゆる」というのもありますが、ゆるめ過ぎるとルーズになるので、注意しないといけませんね。

もちろん電気やマッサージで筋肉を緩めて改善する場合もありますが、筋肉をゆるめて症状を繰り返しているなら、骨盤やその他の関節の動きを取り戻さないといけないでしょう。

 

手術はしない方がいい?

膝の手術をすればスッキリきれいに良くなるのか?

詳しく見ていきましょう。

*詳しく見るには(+)を押してください。

膝の手術について
ここまで、読んで頂いてるあなたは、もう気づいているはずです。

ひざ関節症を改善していくのに大切なのは、「根本原因を改善」すること。

そして、その根本原因は、膝よりも「腰や骨盤、股関節」などにあるということです。

変形性膝関節症の末期で、軟骨がすり減って、日常生活に大きく支障がでているなど、手術が必要な場合もあります。

しかし、手術は局所の形の回復であって、これもまた、根本原因を改善しているわけではありません。

また、手術にはリスクがあるという事も、十分に理解していただきたいです。

膝の手術をして、良くなったと言う人もいれば、膝の状態は、良くなったが、反対側の膝の症状が現れた、腰に症状が移った、手術して3カ月ほどしたら、また症状がツラくなってきた、という方もおられます。

あなたの周りにもいませんか?

そもそも、膝関節症を起こす原因が、膝以外の所(体のバランスの崩れ)に、あることが多くあります。

家で例えるならば、雨漏りをしている所をふさいでも、本当の原因である屋根を修理しなければ、また他のところから雨漏りがしてくると言う事です。

  • このままではお友達の旅行の誘いを断るばかりでは辛いんです。
  • 病院でもらった湿布や痛み止めを使っても全然よくなりません。
  • 早く手術をして症状をとって趣味の旅行を楽しみたいんです。

という、あなたの気持ちはよくわかります。

しかし、手術の決断をする前に、私たちに少しだけ時間をください。

適切な対処をすれば、手術なしで膝の症状は良くなることを、あなたに知ってほしいからです。

 

  1. じっくりと時間をかけた問診で生活背景から「根本原因」を見つけていきます。
  2. 歩行からバランスを分析して「根本原因」見つけていきます。
  3. 「体を動かしながらの検査」で「根本原因」を見つけていきます。
  4. 骨盤の調整を行います。
  5. 背骨・股関節を動かしで調整していきます。
  6. 状態に応じた運動で体を動かします。
  7. 生活習慣の改善ポイントをアドバイス していきます。
  8. レター、動画、ブログ記事などでもアフターフォローをしていきます。

 

当院ではさまざまな角度から「根本原因」を見つけていきます。

特に「歩く」という動きを回復させることで「体の本来の機能」を取り戻します。

なので、電気やマッサージで凝りをほぐす施術では改善しなかった症状も当院では良くなっていきます。

「年のせいだと」諦めずに一緒に頑張っていきましょう。

 

\もう注射やお薬に頼りたくない方へ/

1日1名限定

 

たくさんのお喜びの声

\頂いております/

【膝痛】

シップや体操で我慢していた
慢性的に腰と膝に違和感があったが、日常生活に支障が無かったのでシップや体操で我慢していました。

今回もいつものように、シップを貼って様子を見ていたけど、一向に良くならず、だんだんとひどくなってきたのでチラシを拝見し、しらひげ先生にお世話になりました。

整体に行くのは生まれて初めてで不安もありましたが、しっかりと話を聞いて頂き安心できました

私の場合、長年の無理が腰に負担がかかり、その影響で膝にまできていると説明して頂きました。

やわらかな整体で痛みなどもなく、日に日に良くなっていきました。

お正月に子供が帰省してくるので、それまでに楽になって良かったです。

(山本節子さん)

※効果には個人差があります

*詳しく見るには(+)を押してください。

【坐骨神経痛】

年のせいではなく原因があった。
お尻周辺の違和感からはじまり、じわじわと「しびれ」が出はじめた。

さらに、太もも、脚のスネ、足先までしびれが出して歩くことも出来なくなった。

趣味でハイキングや四国巡りをしていて、もう行けなくなるのかと不安でした。

シップを貼ったり整骨院に通ったりしたけどあまり良くならず、原因も分からないまま年のせいだとあきらめかけていたところ、新聞のチラシを見てしらひげさんに来ました。

前の整骨院でも良くならなかったので半信半疑だったが、ツラい症状やしびれの原因を分かりやすく説明してくださり納得できました。

はじめのうちは、あまり効果が感じられなかったが、数回の施術を重ねると、少しずつ、しびれが軽くなってきて、症状が緩和された。

今では、趣味のハイキングに行けるようになってうれしいです。年のせいではなくしっかりと原因がありました。来て良かったです。

(村井幸男さん)

※効果には個人差があります

*詳しく見るには(+)を押してください。

【股関節痛】

軟骨がすり減っていると言われて…
1年ほど前から股関節に症状があり、それをかばって腰までツラくなっていました。

病院のMRI検査では軟骨がすり減っているので仕方がないと言われて、お薬サプリメントを飲んだりしてもなかなか良くならず、困っているところ、こちらの院を知り来院しました。

骨盤を中心とした体の状態に応じた施術で、股関節の違和感やダルさが楽になり、今は趣味のハイキングや社交ダンスを楽しんでいます。

(小島 照代さん)

※効果には個人差があります

*詳しく見るには(+)を押してください。

 

まだまだたくさん頂いております。

他のお喜びの声を見る ▶︎▶︎

 

 

1日1名限定

 

\ツラい症状を根本改善!/
根本改善 整体コース

 

初回お試し

2回セット
2980円(税込)

 

(通常1回 5,500円×2回=11,000税込)

 

\お電話予約はこちらから/

\LINEからもご予約ができます!/

\メールからご予約はこちら/

 

【営業時間】

月・火・木・金

10:30~19:00

10:30~14:30

【定休日】

日・水・祝日

 

大きな地図で見る

 

\プロの先生方からのご推薦/

全国の有名治療家

推薦紹介

他院からの推薦を見る ▶︎▶︎

 

当院が本で
紹介されました!

全国の有名治療院の本

 

本の内容

 

当院のひざ痛の改善方法

当院ではどのような方法でひざ痛を改善していくのか?

それぞれ、詳しく見ていきましょう

*詳しく見るには(+)を押してください。

根本原因を見つけ出す
膝関節症は膝だけの問題ではなく、生活動作、姿勢、癖、過去のケガなど、様々な要因が重なりあって起こります。

日常生活で当たり前の様にしていることが、実は症状を悪化させていることもあります。

当院では膝のい症状の原因となっている、日常の問題点を徹底したカウンセリングと身体を使った検査で根本原因を見つけ出していきます。

膝の関節を整える
膝関節は3つの骨で構成されていますが膝関節の症状を訴えられる方は、この3つの骨がうまく噛み合っていません。

するとレールがズレたような状態になり摩擦で炎症を起こしたり、ツライ症状を起こすため、手を使った施術でレールを整え滑らかに動くようにしていきます。

関連する周辺の関節を整える
歩くときに、脚の動き始めは、どこから動くか分かりますか?

そうです!!

脚からではなく、「骨盤」からです。

つまり、動き始めに、骨盤の歪みや動きに、問題があるから、その先にある、膝にも影響が現れるのです。

なので、膝関節症を改善していく最大のポイントは骨盤(土台)の状態を整えること。

そして、それに関連する背骨、股関節、足関節の動きを、改善していくことです。

正しい歩き方を促す
肩腕の振り方、足の蹴りだし方、歩幅、スピード、体重の乗せ方、上半身下半身のねじりなど歩行は身体の連動した動きです。

長年の癖や生活習慣などにより膝に負担がかかる歩き方になっているため、正しい歩き方をお伝えすることが改善の近道になります。

靴の見直し
靴にはさまざまな特徴や機能があり場合によっては、靴選び一つで症状を悪化させてしまうことがあります。

なのでお一人おひとりのお身体や状態に合った靴を、アドバイスさせていただきます。

関節トレーニング
ここで行う運動は筋肉トレーニングではなく、関節を強くする関節トレーニング」です。

歩くときの筋力と負荷を使って、パーソナルなトレーニングをして行きます。

膝は体を支える役割があるので関節トレーニングで強くすることで、症状の改善とともに再発防止に繋がります。

 

10万人を感動させた
\他院との違い/

時間をかけての問診&検査で根本原因を特定

時間をかけて問診

症状を根本改善するためには、まず原因を特定することが重要です。

当院では20分以上のカウンセリング、13種類の検査、歩行観察を用いて原因を特定していきます。

わかりやすい説明で納得!

分かりやすい説明

皆様に分かりやすいよう、専門用語は使わずご説明いたします。

わからない事があればなんでも質問して下さい。

院長のオーダーメイド施術

国家資格を保有

全国区の施術家向けセミナーの技術講師を務め、多数の有名施術家を輩出してきた当院の院長自らが、お一人お一人に合わせて施術します。

国家資格を保有

鍼灸師免許

技術を学び経験を積んだ国家資格所有者が施術します。

歴21年の施術実績を持つ院長を筆頭に、経験豊富なベテランスタッフが施術します。

体のプロフェッショナルだから安心・安全。

バキバキしない優しい整体

当院の施術はお子様からご高齢の方まで受けて頂けます。

「豆腐も崩れないほど優しい整体」と言われる負担の少ない施術です。

再発しない身体づくり

本当に重い症状は根本的な原因にアプローチして改善しない限り、再発してしまいます。

当院では再発しない身体づくりを全面的にサポートします。

 

\もう注射やお薬に頼りたくない方へ/

1日1名限定