城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」つらい症状を根本改善

2022/4/6(更新日2022/4/24)

「整骨院」で「股関節」の施術を受けるのが「恥ずかしい」時の対処法

こんにちは、しらひげです。

 

●お悩み

  • 股関節が痛いので整骨院に行きたけど恥ずかしい
  • 股関節の施術ってどんなのをするのだろう?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

整骨院 股関節

股関節とは、脚の付け根にある大きな関節です。

 

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしいときの対処法は、次の通りです。

 

●整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしいときの対処法

  • 付き添いに来てもらう
  • 女性の先生に診てもらう
  • 相談に行く
  • マッサージや電気以外の施術をお願いする
  • 予約制の一人院で選ぶ
  • 動きやすい服装でいく

 

ということで、今回は整骨院で、股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法について、解説します。

 

股関節は、体を支える大きな関節で、歩行やしゃがむなど、さまざまな動きにも関係する場所です。

 

股関節の症状が気になるけれども、整骨院で診てもらうのが恥ずかしくて、我慢しているうちに、症状が悪化しないように、施術業界24年の私が分かりやすく解説しますので、是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしい時の対処法

整骨院 恥ずかしい 

整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしい時の対処法は、次の通りです。

 

●整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしいときの対処法

  1. 付き添いに来てもらう
  2. 女性の先生に診てもらう
  3. 相談に行く
  4. マッサージや電気以外の施術をお願いする
  5. 予約制の一人院を選ぶ
  6. 動きやすい服装でいく

 

それぞれ、解説しますね。

 

1付き添いに来てもらう

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法1つ目は、「付き添いに来てもらう」です。

 

施術室で先生と1対1だと、恥ずかしいか知れませんが、ご家族や友人など、どなたか一緒にいてもらうことで、安心できます。

 

「大人になって付き添い?」と思うかも知れませんが、全く心配はいりません。

 

当院も、初回は患者さんと一緒に付き添いの方が、来られることも、たくさんあります。

 

また、施術者側の意見として、付き添いの方が一緒に来て頂けることで、患者さん本人が気づいてない、クセや習慣などが、聞けることもあり、施術を進めやすく歓迎です。

 

もし、先生と1対1で恥ずかしいと思われる方は、付き添いの方と一緒に、整骨院を訪ねてみて下さい。

 

2女性の先生に診てもらう

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法2つ目は、「女性の先生に診てもらう」です。

 

女性の先生であれば、恥ずかしさは軽減するのでは、ないでしょうか。

 

整骨院で、女性の先生で独立されている方は、やはり少なくなるので、整体院も視野に入れて、探すと見つけやすいでしょう。

 

また、施術スタッフで女性の先生がいる院であれば、電話で問い合わせて、女性の先生が担当してくれるか確認するのもいいでしょう。

 

関連記事:「整骨院」「接骨院」「整体院」「マッサージ」の違いは?整形外科も併せて解説

 

3相談に行く

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法3つ目は、「相談に行く」です。

 

股関節は、患部を出すことが難しい場所だけに、どんな施術をするのか分からず、不安に感じる方もいると思います。

 

そんな方は、直接整骨院に行って、先生に話を聞いてみましょう。

 

そして、どんな症状なのか?を伝えて、「どんな施術を行うのか?」「患部はどこまで出すのか?」など、不安なところを聞いてみましょう。

 

いわゆる、施術前の「問診」、「説明」のところまです。

 

事前に施術は受けなくて、「問診」や「説明」のところまでで一度、考えたい旨を伝えておけば、それ以上の瀬術には進みません。

 

もし、不安であれば、上記で説明した、付き添いの方に一緒に来てもらうのもいいでしょう。

 

相談の場合、玄関や受付で、「ちょっと聞きたいのですが・・・」と話しをするよりも、施術枠として、時間を確保して頂き、しっかりを話を聞く方がいいでしょう。

 

ここで、「施術を受けないのに、料金はかかるの?」と疑問に思うかもしれませんが、やはり、施術枠として、時間をとって頂いているので、料金が発生するのが通常です。

 

最近では、「お試し施術」と言って、初回が通いやすいコースを用意してあるところもあるので、お試しコースを、相談として使うのも一つの方法ですね。

 

4マッサージや電気以外の施術をお願いする

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法4つ目は、「マッサージや電気以外の施術をお願いする」です。

 

股関節の施術で、マッサージをするなら、「お尻」や「内股」を触られる可能があります。

 

また、電気をする場合は、直接患部に当てることになります。

 

なので、上記で解説した、施術前の問診や説明時に、マッサージや電気以外の施術方法をお願いしましょう。

 

もし、「マッサージや電気もしないといけない」と言われたのなら、他の院を探すのも一つの方法です。

 

鍼施術も同様に、患部を出すことになるので、鍼施術も外してもらうようにお願いしましょう。

 

「マッサージや電気、鍼をしなくても、良くなるの?」と思うかも知れませんが、患者の体の状態と先生の技術力によるので、個人差があります。

 

5予約制の一人院を選ぶ

整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法5つ目は、「予約制の一人院を選ぶ」です。

 

先生に股関節周辺をマッサージされたり、電気を付けられるのは平気だが、他の患者さんにみられるのが恥ずかしい方は、予約制の一人院を選びましょう。

 

予約制でも、複数人の先生がいれば、他の患者さんがいることもあります。

 

また、先生は一人だけど、予約制でなければ、突然、他の患者さんが、来られることもあります。

 

なので、他の患者さんに、股関節の施術しているところを、見られるのが恥ずかしい人は、予約制の一人院を選ぶのがおおすすめです。

 

6動きやすい服装でいく

整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしい時の対処法6つ目は、「動きやすい服装」で行きましょう

 

ジーンズやスキニーパンツなど、体の動きが分かりにくい服装だと、その場で、着替えて頂くこともあります。

 

理由は、現状の股関節の動きが、はっきりと分からないからです。

 

例えば、しゃがむ動作の時に、「股関節がうまく動いていなくて、しゃがめないのか?」、「ジーンズが硬くでしゃがみにくいのか?」と、判断がわかりにくいからです。

なので、施術前に着替えなくてもいいように、動きやすい服装で行くようにしましょう。

 

▶︎関連記事:整骨院に行く時はどんな服装で行けばいい?

 

整骨院で股関節の施術をする時は患部を出すの?

股関節 恥ずかしい

股関節を施術をする時は、「患部を出さないと施術できない時」と「患部を出さなくても施術ができる時」があります。

 

それぞれ、解説しますね。

 

患部を出さないと施術できない時

患部を出さないと施術できない時は、次の通りです。

 

●患部を出さないと施術できない時

  • 転倒によるケガ、打撲(患部の状態を確認するため)
  • 電気を当てる
  • テーピングを貼る
  • 鍼施術

 

このような場合は、患部を出す必要があります。

 

患部を出さなくても施術ができる時

患部を出さなくても施術ができる時は、次の通りです。

 

●患部を出さなくても施術ができる時

  • 慢性的に症状がある
  • 転倒や打撲した覚えはない
  • 股関節の奥の方の症状(関節の中)

 

このような、場合は患部を、出さなくても施術ができます。

 

ただし、その先生の施術方法や施術方針によって変わるので、必ずではありません。

 

整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしい時の対処法(まとめ)

今回は、整骨院で股関節の施術を受けるのが、恥ずかしい時の対処法について、解説しました。

 

◆本記事の要約

●整骨院で股関節の施術を受けるのが恥ずかしいときの対処法

  • 付き添いに来てもらう
  • 女性の先生に診てもらう
  • 相談に行く
  • マッサージや電気以外の施術をお願いする
  • 予約制の一人院で選ぶ
  • 動きやすい服装でいく

●患部を出さないと施術できない時

  • 転倒によるケガ、打撲(患部の状態を確認するため)
  • 電気を当てる
  • テーピングを貼る
  • 鍼施術

●患部を出さなくても施術ができる時

  • 慢性的に症状がある
  • 転倒や打撲した覚えはない
  • 股関節の奥の方の症状(関節の中)

 

いかがでしたか。

 

股関節のトラブルでお悩みの方の参考になれば、幸いです。

 

人気記事:「股関節」に負担のかからない「靴の選び方」と「おすすめの靴」を紹介

人気記事:「股関節痛」を軽減|自宅で簡単にできるおすすめの運動3選

人気記事:「股関節痛」があるときは歩いてもいい?安静にした方がいい?

 

城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」 PAGETOP