城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」つらい症状を根本改善

YOU86_ninpusan_TP_V

 

妊婦さんと坐骨神経痛

妊娠し日に日にお腹が大きくなり子供の成長が楽しみな一方、お母さんへ体への負担も大きくなり腰痛や脚の付け根の痛 みを感じられる方が多くおられます。

そしてその中でも特にツライのが「坐骨神経痛」と言われてます。

坐骨神経痛がひどくなるとお尻や太ももに電気が走るような痛 みやしびれや筋肉痛のような痛 みで歩くのも困難になり日常生活や仕事に支障をきたす場合もあります。

そんな妊婦さんの坐骨神経痛について見ていきましょう。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は妊婦さんだけのものではありません。

腰痛をはじめとする腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄、梨状筋症候群などの症状で坐骨神経が刺激されて痛 みやしびれが生じます。

つまり、上記にあるように坐骨神経痛とは傷病名ではなく状態を表す言葉です。

頭痛や腹痛のように、それ自体は病名ではなく、あくまでその様子を示したものです。

 

妊婦さんが坐骨神経痛を起こす原因

①こ関節を開いた生活

お腹が大きくなってくると歩いている時、座っている時など足を開いた状態で日常生活をすることになってきます。

すると骨盤には本来とは違う力が加わり結果、骨盤の動きが悪くなり腰やお尻の筋肉に無理がかかり坐骨神経痛を起こす原因になります。

②姿勢の変化

お腹が大きくなってくるとお腹を支えようとするために腰を反らせ姿勢になります。

そのため本来の正しい姿勢ではなくなり、

特に背骨や各関節の柔軟性がない方は体への負担が大きくなり坐骨神経痛を起こしやすくなります。

③体重の増加

妊娠によって体重が急激に増加することで骨盤にかかる負担が大きくなります。

骨盤に負担がかかると言う事は体を支える土台の部分が不安定になるので腰痛、

さらには坐骨神経痛へとなりやすくなります。

④ホルモンの影響

妊娠したときからリラキシンというホルモンが分泌されるます。

このホルモンによって子宮を支えている靭帯や骨盤が緩み出産の準備をしていきます。

なので妊娠中は骨盤がぐらぐらの状態です。

この状態で長時間の座位、よこ座り、自転車など骨盤に良くない動作が今まで以上に負担をかけることになり坐骨神経痛を起こしやすくなります。

⑤活動量の低下

妊娠するとお腹の子供を気遣って生活が変化します。場合によっれは周りの気遣いでついつい活動量が減ってしまいます。

すると体重の増加で動くのがツラくなり活動量が低下する悪循環になることもあります。

また、活動量が低下することが関節の柔軟性の低下を招き坐骨神経痛を引き起こす原因になります。

妊婦さんの坐骨神経痛対策

①さらしを巻く

さらしを巻くことで骨盤が安定し骨盤の拡大防止にもなります。

またゴムベルト(妊娠用)と違って締め付け過ぎず正しい動作の矯正にもなります。

さらしは綿の素材のため余分な熱を放熱もしてくれます。

②生活動作の改善

今まで当たり前にやっていた動作も骨盤がグラグラなときは特に注意が必要です。

長時間の座位、よこ座り、片足立ちなど思わぬ動作が骨盤に影響を及ぼしていることがあります。

④マッサージ・整体

妊娠中のマッサージ整体は門前払いされることが多いですが妊娠は病気ではありません。

人が生命を維持、子孫を残していく上で当たり前にあることです(生理)。

つまり、生活していく中での同じ刺激だと体には負担がかからないと言う事です。

施術者側が施術を踏まえてどれぐらい体のことを熟知しているかはとても大切です。

また、マッサージや整体を受ける際はかかりつけ医と相談しながら慎重に行いましょう。

⑤ウオーキング(歩行)

妊娠中は安静を心がけるあまり運動不足になりがちですがウオーキングは体への負担が少なく特別な場合を除いては妊婦さんでも禁止されない動きです。

ウオーキングをすることで筋肉のストレッチや血流改善、各関節機能の保持、さらには気分転換にもなります。

 

まとめ

妊娠中の坐骨神経痛はホルモンや体型の変化、生活動作などにより体や骨盤に負担が大きくなり引き起こします。

先ずはその坐骨神経痛がどこからきているのかの原因を突き止め症状ではなく原因にアプローチする事が大切です。

また生活動作やウオーキングなどセルフケアできることもたくさんあるので一人で悩まずにかかりつけ医や専門院などに相談してみましょう。

 

 

 

LINEにて定期的に健康情報を配信中。

気になる方はお友達登録をして下さいね。

城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」 PAGETOP