城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」つらい症状を根本改善

GF179_72A

 

坐骨神経痛をで悩まれている方からよく運動について質問を頂きます。

 

「〇〇の運動はしてもいいですか?」

「早く治すためにはどんな運動をすればいいですか?」

「〇〇をしたら余計に痛みがひどくなってきました・・・」

 

などの質問をいただきます。

 

その中でも多いのが自転車運動についてです。坐骨神経痛を改善するために運動をしなければ・・・歩かなければ・・・。でも、痛くて歩けない。そこで登場するのが自転車です。

 

坐骨神経痛で長くは歩けないが自転車ならいくらでも乗れるという方はたくさんおられます。そこで坐骨神経痛に自転車運動は効果があるのかについて考えていきます。

 

自転車運動について

自転車こぎをすると下半身の筋力アップ、脂肪燃焼・ダイエット、心肺機能アップ、ストレス解消などの効果があります。この中で坐骨神経痛に関係しそうなのが下半身の筋力UPです。ペダルをこぐときに太ももの前の筋肉やふくらはぎの筋肉を使います。しかし、最近、多い電動自転車では電気アシストがあるために思いの外、筋肉を使えていないこともあります。

 

なぜ、自転車に乗っていると痛みやしびれがでない?

歩くと痛みやしびれが強くなり歩けないのに自転車では痛みもしびれもあまり感じずにいくらでも乗れる方は多くおられます。それは座っているからです。坐骨神経痛の原因の一つに仕事や日常生活で座っている時間が多く、体が座った姿勢で固まっていることで背骨に捻じれや傾きを作ると、立った姿勢ではその周りの神経や筋肉が引っ張られて痛みやしびれを起こします。このような場合、イスでも自転車でも座っている姿勢は同じなので症状がでません。

 

坐骨神経痛を改善するのに自転車運動の効果は?

まず、坐骨神経痛の原因はどこにあるのかを探し出していくことが大切です。坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア、狭窄症、分離・すべり症、などの腰痛に問題がある場合とお尻や脚に痛みやしびれなどの症状があるがレントゲン検査をしてもはっきりと原因が分らない場合があります。どちらの場合でも坐骨神経痛の原因として下半身の筋力低下によるものであれば自転車運動は効果的です。しかし、長年にわたり坐骨神経痛に悩まされて活動量が低下し脚の筋力が低下しているのであれば本当の原因にアプローチする方が効果的です。

 

まとめ

自転車運動では主に下半身の筋肉を使うため坐骨神経痛の原因が下半身の筋力低下に由来するものであれば効果的であるが、その他の骨盤や腰痛に由来するものであればそちらにアプローチする事が根本解決になります。あなたの坐骨神経痛の原因がどこから来ているのかしっかりと把握し状態にあった運動をしていきましょう。

 

城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」 PAGETOP