城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」つらい症状を根本改善

こ関節が痛くなると立ち上がりや歩行など日常生活の動作に大きく影響し痛みがひどくなると出かけるのも優鬱になります。そんなこ関節痛のセルフケアをしようと思っているがその方法が果たして正しいのか?良かれと思ってしているケアの方法が実はそうでなかったりすることもあります。そこで今回はこ関節のケアのポイントについてお話していきます。

 

こ股関節ケアのポイント

1湿布

関節や筋肉に痛みが起きるとまず思い付くのが湿布です。湿布の効果は痛み止めの成分を皮膚から浸透させ痛みを緩和させることが目的となります。こ関節に痛みが生じる場合、多くはこ関節単体よりも腰や骨盤、足首など他の関節がしっかりと機能しないことで負担がかかり痛みを生じることがほとんどです。つまり痛みの根本原因は他にあるので湿布で痛みを緩和すると同時に本当の原因にアプローチすることが大切です。

 

2マッサージ

痛みが起きている周辺の筋肉は張っていることが多くマッサージで張りを緩めれば治ると思いがち。確かにマッサージで張りが取れれば一時的には痛みが緩和しますが直ぐに戻ってしまう経験はありませんか?それは筋肉が張る原因に関節がスムーズに動いていないことや骨盤のバランスの崩れにあります。これら原因の原因にアプローチすることが大切です。マッサージをしているが結局、同じだと感じられている方はアプローチの方法を見直してみましょう。

 

3ランニングマシーン

運動不足や筋肉の低下と思い運動をしようと思うが外を走る時間が無い。ランニングマシーンであれば時間を問わず好きな時に天候にも左右されませんよね。しかし、ランニングマシーンと外を歩くのとは大きな違いがあります。それは力の方向が違います。外を歩く場合は骨盤から下にかけての力が働きます。ランニングマシーンの場合は下のベルトが動くために下から骨盤にかけての力が働きます。この力が働く方向の違いで股関節にかかる負担も大きく変わります。

 

まとめ

こ関節のケアは痛みを起こしているところだけにとらわれず根本原因にアプローチすることが大切である。また運動をする場合は関節の動きや力のかかる方向も大切であり自己判断せずに分からない場合は専門家にアドバイスを受けることも重要である。

城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」 PAGETOP