城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」つらい症状を根本改善

体を支える大きな役割を果たしているのがこ関節。

階段の上がり下りや屈む動作などツライ症状が出ると日常生活に大きく支障が出るこ関節体痛時のストレッチについて考えていきます。

 

こ関節周辺の筋肉について

こ関節で症状を訴えられる方で多いのが太ももの前とお尻の筋肉です。

これらは歩く際に使う筋肉でこ関節が上手く機能してないことで筋肉に負担がかかり張っている状態です。

 

1太ももの前の筋肉のストレッチ

大腿四頭筋と言われる筋肉で骨盤から膝にかけて着いている大きな筋肉です。

この筋肉をストレッチするには正座姿勢から上体を後ろに倒すと効果的に伸ばすことができます。また、横向きに寝て膝を折って同側の手で足首を持って後ろに引っ張るのもオススメのストレッチです。

 

2お尻の筋肉

お尻の筋肉は歩く際に足を後ろに蹴り出す際に使う筋肉です。

この筋肉をストレッチするには仰向けで寝て、膝を曲げて足を抱え込む姿勢で複数あるお尻の筋肉を効果的にストレッチできます。

このストレッチを行う際はこ関節を深く曲げるのでこ関節に痛みが出る方は無理に曲げないようにしましょう。

 

3ストレッチをしない選択

現在、多くの方がストレッチをするシーンとして運動の前の準備体操と運動後のクールダウン、

疲労などにより縮こまった筋肉を伸ばしたり快楽のためのリラクゼーションを目的とする場合があります。

ここで注目したいのが疲労などによって張っている場合(いわゆる凝り)、

まず考えなくてはいけないのがなぜ、凝るのか?と言うことである。

本来、関節や体がしっかりと機能していれば筋肉が張ってくることはないはず。

だとするとその筋肉の張りは関節が動いていない事の代償として起きているので本当に取っていいのかと言うことを考えなければいけない。

つまり家が傾き不安定になった為に補強の柱を加えたのに、家が不安定になった原因を解決せずに柱をとってしまっている状態である。

もちろん、張ってくると痛 みや怠さなどからどうにかしたいと思うはずだが一旦、痛 みや筋肉の張りの原因を振り返って見るのも大切である。

 

まとめ

股関節には歩く際に使う筋肉が複数あり特に太ももの前とお尻の筋肉を使うことが多く張りやすい。

ストレッチで伸ばす場合はその目的が何なのかが大切であり、

股関節が上手く機能しておらず代償として張っている場合は安易にストレッチで伸ばすだけでなく張り原因を解決していくことが大切である。

 

LINEでも健康情報を配信中。

是非、お友達登録をして下さいね。

城東区緑橋で整体なら「しらひげ鍼灸整骨院」 PAGETOP